硬いシューズと点の話

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 09:29

JUGEMテーマ:クライミング

 

【硬いシューズと点】

今回は硬いソールのシューズとその特徴について。

ソールの角(エッジ)の一ヶ所に力を集めて立つことをエッジングと言います。

ソールが硬いシューズはエッジングに特化した傾向にあります。

足指の力を一点に集中させることができるってワケです。

ホールドに点で乗るイメージですね☝

なのでちょっと力の入る方向がズレると滑ってしまうため、フットワークはわりとシビアかなぁと感じます🤔

初心者の方で足全体でベタっとホールドに乗せる人が多いのは、点で乗る感覚に恐怖心を感じるからではないでしょうか。

サイズは小さい方が一点に力が集中しやすいので、点で乗ることに慣れるとつま先しか残らないような遠いホールドや、小さなホールドにも立てるようになります。

デメリットはシューズの剛性に頼って立つので、足指の力が身に付きにくく、シューズに頼ったフットワークになる傾向があります。

それとあんまり小さいサイズを選ぶと馴染むまで痛みがついてきます(笑)

じゃあ緩くすればいいじゃない😗

と思うでしょ?

サイズを緩くすると一点に力が集中しにくいので、足指の力を使わないと小さいホールドに立ちにくくなるので、エッジングに特化したシューズの恩恵は軽減します😞

 

外の岩などでは硬いシューズの方が小さな結晶にも立ち込めるため、今でも硬くて小さいシューズのニーズがあるわけです。

次回は対極の柔らかいシューズについてお話しします☺

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM