ジュニアスポーツシューフィッター

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 13:47

僕は看護師をしながらスポーツシューフィッターとして活動をしていました。

 

ジュニアスポーツシューフィッターは最高のパフォーマンスを発揮するシューズ選びのコンサルタントです。

スポーツシューフィッターは、医療機関やスポーツシューズ販売店、フィットネスクラブ等で顧客の体力や筋力、運動機能の個別性に応じて最適なシューズ選択をしたり、体のバランスを適正な状態に修正するインソールを処方します。ウォーキングやジョギングを始めたばかりのスポーツ初心者やシニア層、又マラソンやトレイルランニング、トライアスロン、登山等に挑戦するコアなスポーツ愛好者に対して最高のパフォーマンスを発揮すると同時にスポーツ障害のリスクを回避するシューズ選びのコンサルティングを行います。

 

要は靴の専門家ってことです👟

 

今回はそんな資格を取るまでのお話です。

 

 

 

クライミングを始めたばかりの頃、クライミングシューズのことなんて全くわからなかったので、ショップの方に言われるがまま購入していました。

もうね、ギッチギチで立つのも嫌になるくらいキッツイの💀

 

当時はクライミングが今ほど普及していなかったこともありましたしね。

たぶんスタッフさんも選び方の根拠とかは知らなかったんだと思います。

だって「みんなずっとそういうサイズを履いてきた」って連呼してたもん。

 

クライミングを始めてからは、クライミングのことしか考えられないくらい夢中になっていたので、それでも我慢して登ってました。

仕事が終わったら登りに行き、閉店ギリギリまで(0時)目一杯登る。

休みの日はクライミングジムか外岩に登りに行き、時々ジムのアルバイト。

 

職場では「どっちが本業なのかわからない」と言われる始末。

 

そんな日々を続け、数年経った頃、ある変化が起こります。

 

〜れない

⇔ってるだけなのにふらつく・疲れやすい

2燭發靴討い覆い里砲弔泙鼎

クライミングを始めてなくなったはずの腰痛が悪化(ギックリ腰連発)

 

私生活にめちゃめちゃ影響が出始めます。

 

先にお話しましたが、クライミングシューズの正しい選び方すら知らず、言われるがまま履いていたので、僕の足はほぼ毎日窮屈な状態におかれていた訳です。

 

でもクライミングはやめたくない。

 

ふと、普段履いている靴はどうなんだろうと思いました。

 

当時は欲しいスニーカーがあれば、サイズが合わなくても無理やり履いていました。

振り返ると我が家の下駄箱はびっくりするくらいサイズが異なる靴が並んでいました。

ひとり暮らしのはずなのに、何人いるんだってくらい。

 

まずは私生活で使う靴を変えてケアしていこう。

 

それが靴に関して勉強を始めるきっかけでした。

靴の歴史や文化、選び方や履き方、足のケア方法などを調べていくと、自然と医療や身体の繋がりがわかってきます。

 

時間はかかりましたが、おかげで僕の足も改善していくのを実感できるので、知識を深めるのにハマっていきます。

さらに足がちゃんと機能するようになり、登り方も変わって、どんどん上達も実感するので、どんどんハマります(笑)

 

ちょうどその頃我が家に新しい家族が増えたこともあり、さらに意識は変わっていきます。

 

ある日、知り合いの整体師さんから、「小さい子どもが施術しに来ることが増えた」という話を耳にします。

 

姿勢が悪かったり、何にもないところでつまずいたり。

挙げだしたらきりがないくらい。

実体験と重なる部分がたくさんありました。

 

そこで整体師さんに協力してもらい、施術に来た子どもの足や靴を見させてもらって確信します。

 

靴が合っていないことがそもそもの問題だと。

 

大人は自己責任で靴を選んで買えます。

子どもは靴のことなんてわからないし、与えられたものを履きます。

けれど買い与える大人は靴のことを知らない。

 

箸や鉛筆の持ち方は教わっているけれど、靴の選び方や履き方は知らないんです

 

これはいかんぞと。

 

それから僕は公民館などのママ会で子どもの靴の選び方や履き方の講演会をほそぼそとですが始めることになるわけです。

 

さらに足や靴に意識が向くようになり、クライミングシューズにも視点を置くようになりました。

せっかく楽しいと思ったもので、日常生活に支障をきたしたら大変ですから。

 

特に子どもは成長期なので、普段履く靴も、クライミングシューズも、注意が必要。

医療とクライミングの経験・知識を合わせて、選び方や履き方、ケアの方法などをしっかりお伝えしていくことが、僕の使命だと思っています。

 

未来を選ぶのは子ども自身です。

 

できればずっとクライミングをして欲しいですが、何か新しいことに挑戦したいと思った時、普段履いている靴が、クライミングがそれを邪魔をすることは絶対に避けたい。

 

クライミングをしていて良かったと思ってもらいたい。

 

なのでジャッカロープのキッズスクールでも、シューズ選びはかなり慎重にしています。

何回もスクール生や保護者の方と話し合い、納得してもらってから購入してもらっています。

最近では普段の靴についても教えるようにしています。

 

普段履く靴がリカバリーシューズのような役割を果たせるくらい、シンデレラフィットする靴を自分自身で選べる子どもたちが増えるということは、自分で答えを導き出す力があるということ。

身体をしっかり使うための基盤である足が正常であれば、クライミングに限らず、様々な場面で活きてきます。

 

言われるがままではなく、自分の力で考え、計画し、行動する。

大人になっても必要な力。

こればかりは教えてもらっても簡単にはできません。

少しずつ養っていく必要があります。

 

話が長くなりましたが、そんな力を子どもたちに伝えていきたくて、今日もキッズスクールがんばります🔥

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

 

JUGEMテーマ:クライミング

足の形、シューズ の形。

  • 2020.02.23 Sunday
  • 09:58

さていよいよ最終回となりました。

今回は足の形についてのお話🐾

最近巷でも足への関心が高まってきているので、耳にしたこともあるかと思います。

ギリシャ型、エジプト型、スクエア型っていうアレです。

 

【ギリシャ型】

 人差し指が一番長い足型。
 日本人に多いです👣

 

【エジプト型】
 親指が一番長い足型。

 

【スクエア型】
 どの指も長さがほとんど同じで四角い足型。

 


それぞれ指の長さが違い、その形で区別されます。

登る際は、足の指でホールドを踏みます。

僕は普段、足の指でホールドを掴むような感覚で、とお伝えしてます。

足にも一番力が入るポイントがありますが、これも三者三様、十人十色👫👬👭

 

僕は人差し指、さらに細かくいうと、人差し指の親指寄り。

微妙に違うわけです。

そのポイントに力を入れやすいシューズが僕にとって最適なシューズ。

そんなシューズを選びたいですよね〜😚

 

「最適なシューズを見つけるのは長い旅」と言われたことがありますが、クライミングがこれだけ普及し始め、たくさんのメーカー、シューズが世に出ているので、『数打ちゃ当たる』は結構しんどいです。

シューズだって安くないですしね(笑)💸

 

できるだけ失敗しない選び方としては、小さいサイズのシューズを履いた際、足のどこかが極端に痛いシューズは、足に合っていません。

 

「伸びるから大丈夫」という判断はオススメしません。

シンデレラフィットするシューズはストレスなく履けます👠

結局は足にフィットしていることが大前提ですが、使い方でも形状の選び方は変わります。

エッジングは1点集中型なので、1点に全ての力が入るサイズを選ぶこともあるでしょう。

スメアリングを主体にするなら、足の指に適度な自由度が必要になるので、つま先全体にストレスのない、ゆったりしたサイズを選ぶと思います。

つま先の形状も、このように自分の目的に合わせてチョイスしていけるのがベストですね。

クライミングを続けていくと、登り方やシューズに求める機能が変わって来ることがあります。

その都度足型やサイズ感も含めてシューズを選べば、無駄な買い物もせず、クライミングを楽しめるのではないでしょうか😄

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

 

JUGEMテーマ:クライミング

足の力を効率よく使うための武器=クライミングシューズ

  • 2020.02.21 Friday
  • 21:14

前回まではクライミングシューズの性能についてお話ししてきました🤗

今回からは足とシューズの形についてお話ししたいと思います。

ソールの摩擦力(フリクション)も大切ですが、 「足の力を効率よく使えるかどうか」も重要なポイントです☝

 

性別や身長、体重、血液型、輪郭や骨格などが人によって違うように、足の形も違います👣🐾

 

それぞれのニーズに合わせた最高シューズを各メーカーは日夜努力しているわけです⚒

クライミングシューズを履く利点は、全身の力をつま先に集中させやすくなるという点です☝

 

強傾斜なら掻き込みのためにつま先が下がったダウントー、親指に力が集約しやすくするために内側に曲がったターンイン。

緩傾斜なら自由度を高めるため、フラットでストレート。

と一般的に言われていますが、それはシューズの形状がそれぞれの傾斜に合っているから。

あくまで一般論なので、右向け右になる必要はないと思います。

何よりシューズ選びで特に大切なのは、「足の形に適しているかどうか」だと考えます🤔

シューズの性能がどれだけ良くても、自分の足に合わなければ、シューズの性能を十分に発揮できませんし、自身のクライミングにも影響してきます。

足の形を知っておくだけでも、それにあったシューズを選ぶことができます☝🏻

 

次回は足型について詳しくお話しします🤗

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

 

JUGEMテーマ:クライミング

硬いシューズ と柔らかいシューズ 、あなたはどっち派?

  • 2020.02.15 Saturday
  • 10:15

前回まで、硬いシューズと柔らかいシューズの特徴をお話ししましたが、いかがでしたか?

今回はおさらいということで、内容をざっくりまとめましょう👩‍🏫 

 

『硬い』シューズ
フリクション < 耐久性
足裏感覚 < 力の集束
で乗る人向け
小さめサイズで真価を発揮 🙌🏻

 

『柔らかい』シューズ
フリクション > 耐久性
足裏感覚 > 力の集束
で乗る人向け
緩めのサイズで真価を発揮

 

 

 


こんなところでしょうか🤔

 

個人的には柔らかい方が好きでよく選びます。
足の感覚がしっかりわかる方が登る際に雑になりにくくなるので、1回のトライの質も上がりますし、そこから得られるものは沢山あります。

フットワークが身に付けば、ムーブの引き出しも増えやすく、力だけで登るクセもつきにくいので、足がすっぽ抜けて手や体に負荷がかりにくく、怪我や故障のリスクも減らせます。

これ、一番重要だと思います。

これから初めてのシューズを買って、楽しもうってタイミングで怪我はして欲しくないですし😌

そんな理由もあって、僕は初心者さんにこそやわらかめのシューズをオススメしてます☝

 

僕は最近苦手なエッジング克服の為に、ちょっと硬めのシューズも履くようにしてます。
柔らかいシューズ で足を鍛えながら足裏の感覚も養われているのか、硬い靴でも何に乗っているかがわかり、フットワークにも変化が生まれます。

傾斜や課題のテイストで得意不得意はありますが、ちゃんと足が使えると思っている以上の成果を得られることがしばしばあります✨

自分のクライミングスタイルが確立している方も、真逆のタイプを選んでレベルアップができるんじゃないでしょうか⤴

 

次回からは足型とシューズの形状ついてのお話です。

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

 

JUGEMテーマ:クライミング

柔らかいシューズ と面の話

  • 2020.02.13 Thursday
  • 22:49

前回は硬いシューズとエッジングについてお話ししましたが、今回はその対極のお話。

足の指を押し付けるようにして接地面を広くすることをスメアリングといいます。
ホールドにソールの面でグッと圧をかけてフリクション(摩擦)を高める感じです。
つるつるのホールドやハリボテなどに乗る際によく使います。

スメアリングは足裏感覚が重要になります。

なのでつま先の自由度が高いシューズ=柔らかいシューズが多いです。

サイズは少し緩めの方がつま先の自由度が高く、足でホールドを掴む感覚がよくわかります。

接地しているポイントがどこなのか、力のかかるポイントなどもわかりやすいです☝

緩めに履くため、硬めのシューズより痛みもマイルド😚

慣れてくると小さいホールドにもエッジングでなく、スメアリングで立てるようになります。

僕のイメージでは、ホールドを足の指で掴むような感覚。

じゃあ小さいサイズにしたら、点でも立てるんじゃ?😗

 

ノンノン、実は逆。


つま先の自由度がなくなるので面で乗りにくくなり、せっかくの柔らかいというメリットもなくなってしまいます😫

デメリットとしては、小さいホールドに立つのに、足の力が必要なことでしょうか。

最初に柔らかいシューズで自然と足指のトレーニングをすることになるので、足の使い方が上手くなったりしますしね✨


次回は硬いシューズ 、柔らかいシューズについてまとめていきます!!

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

 

JUGEMテーマ:クライミング

硬いシューズと点の話

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 09:29

JUGEMテーマ:クライミング

 

【硬いシューズと点】

今回は硬いソールのシューズとその特徴について。

ソールの角(エッジ)の一ヶ所に力を集めて立つことをエッジングと言います。

ソールが硬いシューズはエッジングに特化した傾向にあります。

足指の力を一点に集中させることができるってワケです。

ホールドに点で乗るイメージですね☝

なのでちょっと力の入る方向がズレると滑ってしまうため、フットワークはわりとシビアかなぁと感じます🤔

初心者の方で足全体でベタっとホールドに乗せる人が多いのは、点で乗る感覚に恐怖心を感じるからではないでしょうか。

サイズは小さい方が一点に力が集中しやすいので、点で乗ることに慣れるとつま先しか残らないような遠いホールドや、小さなホールドにも立てるようになります。

デメリットはシューズの剛性に頼って立つので、足指の力が身に付きにくく、シューズに頼ったフットワークになる傾向があります。

それとあんまり小さいサイズを選ぶと馴染むまで痛みがついてきます(笑)

じゃあ緩くすればいいじゃない😗

と思うでしょ?

サイズを緩くすると一点に力が集中しにくいので、足指の力を使わないと小さいホールドに立ちにくくなるので、エッジングに特化したシューズの恩恵は軽減します😞

 

外の岩などでは硬いシューズの方が小さな結晶にも立ち込めるため、今でも硬くて小さいシューズのニーズがあるわけです。

次回は対極の柔らかいシューズについてお話しします☺

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

初心者向けのクライミングシューズ

  • 2020.02.08 Saturday
  • 10:57

JUGEMテーマ:クライミング

 

さて、いよいよ本題に入っていきますよ〜。

 

ついつい長話になってしまうので、簡潔に初心者の方のオススメする、シューズのポイントを先にお伝えしておきますね📢

 

『柔らかいソール』

 

『クセのない足型』

この2点を抑えて選びましょう✌

 

さて、ここからはその根拠をお話しします。

基本的にお客様の足型、寸法(足長、足囲、足の甲やかかとの形)を見てサイズを選びますが、ジャッカロープでは初めてのシューズは、上記の2点は必ず加味してシューズをオススメしています💁‍♀

 

硬いシューズで登ると、シューズに剛性があるので立ち込みがしやすいです。
反面、足の力が付きにくいというデメリットもあります。

柔らかいシューズだと、シューズが馴染んでソールにしなやかさが出てきます。
すると足の力が必要になるので、自然と足の力が育ちます。

柔らかいシューズは、もうひとつ利点があります☝

足裏の感覚がわかりやすい点です。
足が滑っていく感覚、足指のどこに力が入っているかがわかり、フットワークが身に付きやすいです。

そんな根拠があって、僕は柔らかいシューズをオススメしています💁‍♀👟

力の加え方、ホールドを足で掴む感覚、滑る・滑らない感覚。足の曲げ方、立ち方などのフットワークを学べて、履きやすい。

最初から攻めたシューズを履くのもひとつの選択肢ですが、あんまりオススメしません😕

快適でジャストサイズなら純粋にクライミングを楽しめますし、フットワークも身に付き、その後のシューズ選びもしやすいです😉

次回からは硬いシューズと柔らかいシューズの特徴とフットワークの関係についてのお話。

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

クライミングシューズって?

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 19:07

JUGEMテーマ:クライミング

 

 第1回は基本も基本、クライミングシューズとは何ぞや?というお話です👨🏻‍🏫

 

クライマーとして、シューフィッターとして、医療従事者としての経験も踏まえてお話しますので、シューズを選ぶ際に、「そういやあんなこと言ってたっけ」と少しでも記憶に留めておいて頂けたら、嬉しいです🙇🏻‍♂

 

ここでは普段履くスニーカーなどを『靴』、クライミングシューズを『シューズ』と呼ぶことにします☝🏻

 

クライミングシューズはその名の通り、クライミング専用のシューズです🧗‍♂

 

靴とは異なり、底面(ソール)には凹凸のないゴム(ラバー)が貼り付けてあります。
平らなソールで引っ掛けるのではなく、ホールドとソールの摩擦で立つワケです。

 

普段履く靴とは違うのは、サイズ感。
一般的には実際の足の寸法よりも小さいサイズをチョイスします👣

小さいホールド(スタンス)でもしっかり立ち込めるように、力の入りやすい状態を常にキープするためです。
僕は足指の自由が利くよう、心持ちゆったりめに履きますが、つま先はシューズの中である程度曲がった状態です。
指が伸びたままだと、実際に登っている最中につま先に力を入れた時につま先に隙間ができます。
そうすると、ホールドを踏み抜いてしまいます。
小さなホールドに立つのも怖いし、何より危ない😫
小さいサイズを選ぶのは、そういう理由があるワケです☝🏻

 

昔は、『きつければきついほど良い』と言われていました。
今もその考え方ありますが、それが必ずしも正解とも言えません。
もちろん足型や課題との関係・相性もあるので、真相はハッキリしていないのが現状です。

 

「じゃあどうすれば良いのさ!?😤」 ってなりますよねw

 

シューズの特徴、知識をある程度持っておくと、それも解決します。

 

 

次回からはそのへんのお話☝🏻

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/

はじめてのクライミングシューズ の選び方

  • 2020.02.04 Tuesday
  • 23:35

JUGEMテーマ:クライミング

ジャッカロープ特別講座
【マイ ファースト シューズ】

はじめてのクライミングシューズ選び👟

クライミングで唯一の武器になるワケですから、ちゃんとあったものを選びたい🔎
だけど普段履くシューズとはサイズや使用目的が違うので、悩みますよね🤔
上級者のクライマーさんの中にも、今だにシューズ選びに悩む人も少なくありません。
ネットやSNSで使用者のレビューや口コミなどを徹底的に調べ、オンラインショップで購入なんて人もいますが、必ずしもそれでジャストサイズが選べるワケでもないのが厄介。

ちゃんとポイントを押さえて選べば、失敗する可能性はかなり減らせます👍🏻

 

クライミングジム経営者として、クライマーとしてだけでなく、足や靴の専門家として、シューズ選びの失敗をできるだけ減らし、クライミングライフがより良くなるようにしたい🔥

 

ということで、クライミングシューズの特徴や使い方、選び方・注意点など、ポイントを数回に分けてお伝えしていきたいと思います。

 

jackarope climbing

〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江2-11-18

tel:096-201-1218

Home Page:http://jackarope.com

Online Shop:https://industrious.thebase.in/